項        目 内               容 備考
II























 イ 農林物資規格表示制度による表示の適正化 [1] 青果物の原産地表示について,産地段階での表示の工夫等によって,できるだけ確実に原産地表示を行い得る手法の開発・普及や,原産地表示のPR等により,青果物の原産地表示の定着を図る。
新規
[2] 青果物の原産地表示等について,品質表示基準の遵守を徹底する。  
[3] 農林水産消費技術センターにおいて市販品の買上げ検査を行い,不適正な表示について指導を行う等,JAS制度による品質表示基準の普及推進を図る。  
[4] 直接,消費者に販売される青果物の品質表示基準の円滑で有効な制度の運営を図るとともに有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドラインに則した表示の周知及び整合性の確認を図るため小売店を中心とした点検指導を実施する。