項        目 内               容 備考

V











(3) その他

[1] 消防法違反の防火対象物に対しては,個別指導等を通じて,防火安全上の不備事項の是正及び法的措置の徹底を図るとともに,特定違反対象物の一掃に向けて違反処理の強化を図るよう,都道府県を通じて市町村等を指導する。
 また,防火基準適合表示制度の一層の普及推進につき都道府県を通じて市町村等を指導する。

 
[2] 住宅性能保証制度の登録業者,登録住宅の一層の拡大を図るため,関係機関等へ所要の指導を行うとともに,所要の制度の見直しを行う。  
[3] 木造住宅の現場生産性の向上,資材調達の合理化等により,建設コストの低減を促進するとともに,バリアフリー,耐久性向上,省エネ等,住宅に求める消費者ニーズに的確に対応する,標準化された新しい木造住宅構法技術の開発検討を行う。