項        目 内               容 備考
II












ウ その他

[1] 消費者の適正な商品選択及び食品製造業者の適正な情報提供に資することを目的として,既存の品質表示基準,品質表示ガイドライン等による表示の適正化を推進するとともに,加工食品の原産地表示や有機農産物等新たな表示の在り方を検討する等,総合的な食品表示対策を実施する。

拡充
[2] 食糧法の下における精米表示について,精米表示に対する消費者ニーズを踏まえ,産地・品種・産年のいわゆる三点セット表示を基本とするとともに,輸入米については産地国名を明らかにする。
 更に,適正な精米表示が行われるよう精米表示認証制度等の適切な運営や販売業者への巡回指導等を通じて,消費者の購買選択の利便を図る。
 
[3] 製造販売業者が食品の栄養成分・熱量に関する表示をしようとする場合に主要栄養成分等(たんぱく質,脂質,糖質,ナトリウム及び熱量)も併せて表示することを義務づける等の栄養表示基準制度を導入したことに伴い,本制度が円滑に定着するよう関係業界団体を指導し,消費者団体に対して制度の趣旨についての周知徹底を図る。  
[4] 品質表示基準及び新食品等品質表示ガイドラインの未だ制定されていない食品の品質を識別するための表示のガイドラインを作成するとともに,これらのガイドラインの定着のため生産者及び流通業者に対し指導を行うとともに,消費者に対してその内容を周知徹底し,ガイドラインの定着を図る。  
[5] 食品の輸入増加が見込まれる中で,輸入食品の安全性に対する消費者の関心が高まってきていることから,このような消費者の不安を解消するとともに,消費者の適正な商品選択に資するため,輸入食品の品質内容を確認する手段である表示の適正化を図る。  
[6] 近年の輸入野菜の増加,野菜産地の多様化等に対応して,「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」に基づく品質表示基準制度により,原産地表示を義務付ける青果物の対象品目の拡大を検討するとともに,原産地表示が消費者の商品選択に十分活用されるよう情報提供に努める。  
[7] 遺伝子組換食品の表示のあり方,問題点等につき関係者から意見を求めるとともに,様々な角度から検討を行う。  
[8] 遺伝子組換農産物及びその加工品の本格的な流通及び消費者の安全性や表示に対する関心・要請に対処するため,遺伝子組換農産物等に関する資料及び栽培方法等の情報の収集等の調査を行うとともに確認分析技術の検討を行う。 新規