項        目 内               容 備考

II

( I )












2 食品の規格・表示の適正化

(1) 規格の適正化

ア 日本農林規格(JAS)






[1] JAS認定工場において国際的な品質管理システムとの整合化が図られた高度品質管理システムを導入することとし,その適用可能性を検討する。また,登録格付機関の製品検査方法についてマニュアルを策定することにより,検査の精度向上を図る。





[2] JAS制度の適正な運用に資するため,規格等の制定のための調査,制度の啓発普及等の措置を講ずる。
[3] 果実飲料,即席めん類,水産物缶詰及び水産物瓶詰等のJAS規格の改正及び制定作業並びに地鶏類等の特定JAS規格の制定作業を進める。
[4] 食料品の品質・規格・表示等について定期調査を行う。
[5] JAS認定工場品質管理担当者講習会事業を実施することにより,JAS認定工場制度の厳正な運用とJAS製品の品質の一層の向上を図るとともに,各種媒体を利用して,JAS制度の一層の普及推進を図る。
[6] コンピュータを活用して,JAS制度運営から得られる大量の各種情報(JAS関係情報)のデータベース化を行い,体系的な蓄積・整理と迅速な取出しを行いうる情報システムを整備することにより,JAS制度運営の効率化を図る。
[7] JAS規格等に関する情報を電子化し,規格等の制定・改正作業を迅速化するとともに,申請者と登録格付機関を結んでJAS手続の迅速化を図る。また,電子化されたJAS関係情報の提供を行う。 新規