項        目 内               容 備考

II
(I)











(8) 住宅の規格の適正化・品質管理の充実等

[1] 引き続き,ハウス55プロジェクトにおいて,企業化された3タイプの住宅の普及を図るため,供給企業等を指導する。

 
[2] 新住宅開発プロジェクトについては,新住宅推進協議会の活動の推進をはじめとして,引き続き,その研究開発成果の普及促進を図っていく。
 また,21世紀マンション計画について,引き続き成果普及を促進するとともに,新工業化住宅生産技術・システム開発プロジェクトの成果について普及促進を図る。
 
[3] 住宅産業品質向上講習会等を実施し,住宅産業関係企業の品質管理の向上を図る。  
[4] 第21回プレハブ住宅に関する消費者アンケートの結果を取りまとめ,それを公表するとともに必要な事項については,プレハブメーカーに対して改善の指導を行うこととする。
 また,第22回プレハブ住宅に関する消費者アンケートを実施(対象:平成5年7月~9月の3ヶ月間に住宅を購入した者)し,その分析結果を公表するとともに,必要と認められる事項についてはプレハブメーカーに対して改善の指導を行う。
 
[5] 引き続き,建築物性能等認定事業登録制度により,民間の公益法人が行う高品質な住宅等の認定事業を登録し,適切な制度運営のための指導・助言,認定された住宅や住宅部品の普及等を通じて,消費者保護の推進を図る。