項        目 内               容 備考
I
















(6) その他 [1] 製品関連事故に関して,消費生活センターの相談・苦情処理機能,原因究明機能,情報提供・消費者啓発機能の一層の充実・強化を図るため,その現状,役割等を踏まえつつ,消費生活センターの今後の在り方及び当面講ずべき施策について検討を行う。
新規
[2] 製造物責任制度の導入に対応した地方の体制整備に資するため,地方公共団体の製造物責任関連業務の現況調査を行うとともに,その結果を踏まえて製造物責任に関する地方業務指針を策定し,製造物責任制度の円滑な定着を図る。  
[3] 引き続き,製品事故に対し,SGマーク制度等それぞれの製品分野で被害救済の機能を果たしている各種の救済制度の適正な整備・充実や周知を図る。
 
[4] 引き続き,消費者に対して「BLマーク証紙」を貼付した優良住宅部品には,賠償責任保険等が付保されていることの周知徹底を図る。  
[5] 引き続き,製造物責任法の施行に伴う影響を把握するため,事業者及び消費者の本法の施行に伴う行動の変化,相互の認識・評価について調査等を行う。  
[6] 消費者団体による被害者の救済に係る情報提供の実施等をはじめ,製品関連事故における被害者の原因究明に係る経済的・技術的負担の軽減方策について検討を行う。 新規
[7] 企業退職者等を中心に,その製品関連技術・消費者苦情等に関する知見を消費者被害の防止・救済に活用するため,企業退職者等の中からリストアップを行い,都道府県等に提示する事業等を行う。 新規