項        目 内               容 備考

IV








4 その他

[1] 引き続き消費者意見の積極的収集とその政府施策への効果的反映を推進するため,地方の消費者組織との懇談会を開催して地域特性に根ざした多様な消費者意見の吸収等を図る。

 
[2] 引き続き,経済社会のグローバル化に対応して海外の消費者組織の活動内容等に関する情報収集等を図る。  
[3] 引き続き,高齢者等の交通弱者をはじめ交通機関の利用者の視点に立脚し,多様な利用者ニーズに対応した交通システムを構築するため,交通機関等の現状及び利用者の意向を踏まえた施策の推進を図るための調査を行い,その調査結果を取りまとめていく。  
[4] 引き続き,エネルギー環境問題に関する消費者行動の在り方についてのアンケート調査を実施するとともに,それを踏まえて具体的な消費者行動を促進していくための手法についての調査・研究等を行う。  

[5] 引き続き,交通アドバイザー会議を開催して意見交換を行い,かつ提案,要望等を出していただくことにより利用者の意向を的確に把握し,各種施策等に反映させ,その推進を図る。

 
[6] 引き続き,「高齢者・身体障害者等のためのモデル交通計画」策定調査における高齢者・身体障害者等の交通実態調査等を行い,その調査に基づく分析を行っていく。  
[7] 引き続き,高齢者・身体障害者等が公共輸送機関を利用するに当たって身体的負担の軽減及び安全性の向上に資するシステムの開発を行う。  
[8] 高齢者・障害者等の利用に配慮した施設整備等の施策を進めるため,平成6年度に設立した(財)交通アメニティ推進機構を通じた鉄道駅の障害者対応型エレベーター・エスカレーターの設置に対する国費による補助等の支援措置を講ずる。 新規