項        目 内               容 備考

II
(I)












(4) 雑貨製品の消費者サービス制度(mマーク制度) [1] mマーク制度については,自社製品に対する責任体制の確立と,品質の向上を図るとともに,消費者相談窓口を設け,アフターフォローを行うもので,

    ○ 木製家具については,発生したクレームに対して迅速に対応し,また,クレームの発生しない製品作りのための指導を行うとともに,クレーム内容を分析する。広報活動としては,各種関連見本市に普及・相談コーナーを設置する。新聞・雑誌等に普及のための広告を掲載する。

    ○ 金属ハウスウエアーについては,現在「推奨」として行っているものを「保証」とすることとし,そのための品質基準の見直しを行う。普及・PRについては,「各種関連見本市」に普及・相談コーナーを設置し,関連機関,一般消費者に対し,PRに努める。新聞・雑誌等に普及のための広告を掲載する。

    ○ サングラスについては,品質基準作成委員会において基準をまとめ,関連業界の協力を得て,mマークラベル貼付製品を市場に供給する