施  策  項  目 第26回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成5年12月以降6年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(4年12月2日以降現在まで)
2. 国際提携の推進 [1] 引き続き,OECD消費者政策委員会への参加を進め,諸外国との情報交換,国際的連携を推進する。 [1] 引き続き,OECD消費者政策委員会への参加を進め,諸外国との情報交換,国際的連携を推進する。 [1] 下記のとおり,OECD消費者政策委員会に参加した。
  第1回消費者安全作業部会ステアリング会合(5年2月)
第2回消費者安全作業部会ステアリング会合(5年4月)
第3回消費者安全作業部会ステアリング会合(5年5月)
第45回消費者安全作業部会(5年6月)
第6回市場透明性と消費者情報作業部会(平成5年9月)
第46回本委員会(平成5年9月)
[2] 引き続き,輸入品の大幅な増加に伴う安全面での問題に対応するため,海外の消費者保護担当政府機関との連携強化を積極的に推進する。 [2] 引き続き,輸入品の大幅な増加に伴う安全面での問題に対応するため,海外の消費者保護担当政府機関との連携強化を積極的に推進する。 [2] 輸入品の大幅な増加に伴う安全面での問題に対応するため,海外の消費者保護担当政府機関との連携強化を積極的に推進した。