施  策  項  目 第26回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成5年12月以降6年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(4年12月2日以降現在まで)

(II) 具体的取引の適正化

1. 訪問販売等

[1] 改正された「訪問販売等に関する法律」の厳正な運用を行うべく,(社)日本訪問販売協会を通じ,i販売員登録制度の充実,ii経営姿勢の確立,倫理綱領の周知徹底につき指導を行う。
 消費者啓発については,「くらしと契約の知識」「消費者行政ニュース」等教育啓発用資料を作成し,地方自治体,センター等に配布するとともに,TV放映,ビデオテープ,16mmフィルムの作成により,その充実を図る。
[1] 改正された「訪問販売等に関する法律」の厳正な運用を行うべく,(社)日本訪問販売協会を通じ,i販売員登録制度の充実,ii経営姿勢の確立,倫理綱領の周知徹底につき指導を行う。
 消費者啓発については,「くらしと契約の知識」「消費者行政ニュース」等,教育啓発用資料を作成し,地方自治体,センター等に配布するとともに,TV放映,ビデオテープ16mmフィルムの作成により,その充実を図る。
[1] 改正された「訪問販売等に関する法律」の厳正な運用を行うべく,(社)日本訪問販売協会を通じ,i販売員登録制度の充実,ii経営姿勢の確立,倫理綱領の周知徹底につき指導を行った。
 消費者啓発については,「くらしと契約の知識」「消費者行政ニュース」等教育啓発用資料を作成し,地方自治体,センター等に配布するとともに,TV放映,ビデオテープ,16mmフィルムの作成により,その充実を図った。
[2]ア) (社)日本訪問販売協会を通じ「訪問販売員登録制度」の拡充及び確実な実施を推進する。 [2]ア) (社)日本訪問販売協会を通じ「訪問販売員登録制度」の拡充及び確実な実施を推進する。 [2]ア) (社)日本訪問販売協会を通じ「訪問販売員登録制度」の拡充及び確実な実施を推進した。
イ) 訪問販売トラブルの実態把握に努めるとともに,「訪問販売トラブル情報提供制度」の積極的推進を図る。 イ) 訪問販売トラブルの実態把握に努めるとともに,「訪問販売トラブル情報提供制度」の積極的推進を図る。 イ) 訪問販売トラブルの実態把握に努めるとともに,「訪問販売トラブル情報提供制度」の積極的推進を図った。
[3] (社)日本通信販売協会の体制の充実を図るとともに,業界の取引適正化のための努力を促進する。 [3] (社)日本通信販売協会の体制の充実を図るとともに,業界の取引適正化のための努力を促進する。 [3] (社)日本通信販売協会の体制の充実を図るとともに,業界の取引適正化のための努力を促進した。
[4] 訪問販売に係るいわゆる悪質商法による被害を防止するため,全国に訪問販売モニターを配置するとともに,情報ネットワーク作りを行う。 [4] 訪問販売に係るいわゆる悪質商法による被害を防止するため,全国に訪問販売モニターを配置するとともに,情報ネットワーク作りを行う。 [4] 訪問販売に係るいわゆる悪質商法による被害を防止するため,全国に訪問販売モニターを配置するとともに,情報ネットワーク作りを行った。
[5] 通信販売に係る広告等の適正化を図るため,不適切な広告及びこれに係る被害の情報を収集するほか,適切な広告の基準を作成する。また,ニューメディアを利用した通信販売について調査,研究を行う。 [5] 通信販売に係る広告等の適正化を図るため,不適切な広告及びこれに係る被害の情報を収集するほか,適切な広告の基準を作成する。また,ニューメディアを利用した通信販売について調査,研究を行う。 [5] 通信販売に係る広告等の適正化を図るため,不適切な広告及びこれに係る被害の情報を収集したほか,適切な広告の基準を作成した。また,ニューメディアを利用した通信販売について調査,研究を行った。