施  策  項  目 第26回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成5年12月以降6年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(4年12月2日以降現在まで)
(3) 国際食品規格計画等への協力 [1] 引き続き,国際食品規格に対応したJAS規格等の整備見直しを行うとともに,各省庁連絡会において受諾できる品目の選択及び受諾条件の設定の検討を進める。
 また,国際食品規格委員会の総会及び各種部会への出席を通じて,国際食品規格計画への我が国の意見の反映に努める。
[1] 引き続き,国際食品規格に対応したJAS規格等の整備見直しを行うとともに,各省庁連絡会において受諾できる品目の選択及び受諾条件の設定の検討を進める。
 また,国際食品規格委員会の総会及び各種部会への出席を通じて,国際食品規格計画への我が国の意見の反映に努める。
[1] 国際食品規格に対応したJAS規格等の整備見直しを行うとともに,各省庁連絡会において受諾できる品目の選択及び受諾条件の設定の検討を進めた。
 また,国際食品規格委員会の第20回総会及び第26回食品衛生部会,第7回食肉衛生部会,第25回食品添加物・汚染物質部会,第22回食品表示部会,第25回残留農薬部会,第14回油脂部会,第2回食品輸出入システム部会の各種部会に農林水産省,厚生省等の関係省庁が出席した。