施  策  項  目 第26回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成5年12月以降6年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(4年12月2日以降現在まで)

(2) 表示の適正化

 ア. 食品衛生法による表示の適正化



[1] 引き続き,表示の基準の特例として認められている製造所固有の記号の改善について検討するほか,必要に応じ,食品衛生法による食品等表示の適正化を推進する。


[1] 引き続き,表示の基準の特例として認められている製造所固有の記号の改善について検討するほか,必要に応じ,食品衛生法による食品等表示の適正化を推進する。


[1] 表示の基準の特例として認められている製造所固有の記号の改善について検討するほか,必要に応じ,食品衛生法による食品等表示の適正化を推進している。
[2] 食品添加物については,原則として,全ての食品添加物について物質名等を表示することとしており,引き続き,表示制度についての周知を図る。 [2] 食品添加物については,原則として,全ての食品添加物について物質名等を表示することとしており,引き続き,表示制度についての周知を図る。 [2] 食品添加物については,原則として,全ての食品添加物について物質名等を表示することとしており,引き続き,表示制度についての周知を図るとともに,都道府県市に対し,適正表示についての監視の強化を指示した。
[3] 食品の日付表示について,製造年月日表示から期限表示を原則とする方式への移行を検討する。 [3] 食品の表示に関する消費者及び国際的要請に対応するため,日付表示等適正な表示について検討する。 [3] 食品の表示に関する消費者及び国際的要請に対応するため,日付表示等適正な表示について調査等を行った。