施  策  項  目 第26回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成5年12月以降6年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(4年12月2日以降現在まで)
7. その他 [1] 引き続き,プレジャーボート救助事業が適正に行われるよう支援・監督を行う。
 また,プレジャーボート愛好者に対し,自らが救助手段を確保しようとする意識を浸透させるため,(財)日本海洋レジャー安全・振興協会と協力して安全講習会等のあらゆる機会を通じ同事業の周知・普及に努める。
[1] 海洋レジャーの健全な発展のためには,これらの活動に係る安全の確保が重要であるが,そのためには愛好者自らが十分な安全意識を持って海難等の防止に努めるとともに,万一に備えた体制を整えることにより,海洋レジャーを安全に楽しむことができる環境整備が必要である。このため(財)日本海洋レジャー安全・振興協会では,プレジャーボートを対象に4年7月1日から会員制度の下に「プレジャーボート救助事業」を開始したところであるが,当該事業が適正に行われるよう支援・監督することにより,プレジャーボート愛好者の安全を確保していくこととしている。 [1] 当該事業が適正に行われるよう支援・監督を行うとともに,機会あるごとに同事業の周知・普及に努めた。