施  策  項  目 第26回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成5年12月以降6年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(4年12月2日以降現在まで)
(3) その他 [1] 引き続き,消防法違反の防火対象物に対しては,個別指導等を通じて,防火安全上の不備事項の是正及び法的措置の徹底を図るとともに,特定違反対象物の一掃に向けて違反処理の強化を図るよう都道府県を通じて市町村を指導する。
 また,防火基準適合表示制度の一層の普及推進につき都道府県を通じて市町村を指導する。
[1] 引き続き,消防法違反の防火対象物に対しては,個別指導等を通じて,防火安全上の不備事項の是正及び法的措置の徹底を図るとともに,特定違反対象物の一掃に向けて違反処理の強化を図るよう都道府県を通じて市町村を指導する。
 また,「表示制度」の一層の普及推進につき都道府県を通じて市町村を指導する。
[1] 消防法違反の防火対象物に対しては,個別指導等を通じて,防火安全上の不備事項の是正及び法的措置の徹底を図るとともに,特定違反対象物の一掃に向けて違反処理の強化を図るよう都道府県を通じて市町村を指導した。
 また,防火基準適合表示制度の一層の普及推進につき都道府県を通じて市町村を指導した。
[2] 防犯上の観点から,玄関灯,適切な塀の設置の推奨等を通じて,建築物等を対象とした侵入盗等の犯罪を防止する施策を行うとともに,防犯警報機やホーム・セキュリティシステム等の性能の向上を図り,さらに,(社)日本防犯設備協会が行う防犯設備士制度事業を中心とした防犯設備の設置及び管理に関する知識及び技能の向上策を推進していく。