施  策  項  目 第25回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成4年12月以降5年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(3年12月3日以降現在まで)
(4) 流通取引実態調査 [1] 経済の国際化が一層進展する中で,我が国の流通,取引慣行等の中には,輸入障壁となっているものがあるとの指摘があり,競争政策の観点から,流通構造,取引慣行等について,引き続き国際比較調査を実施する。 [1] 経済の国際化が一層進展する中で,我が国の流通,取引慣行等の中には,輸入障壁となっているものがあるとの指摘があり,競争政策の観点から,流通構造,取引慣行等について,引き続き国際比較調査を実施する。 [1] 公正取引委員会は,同左の調査を効果的に実施するために,国際比較の観点をも含めたメーカー希望小売価格,建値,リベートに関する実態調査及びその競争政策上の評価について「流通問題研究会」に検討を依頼し,同研究会は検討結果を取りまとめ公表した。
 公正取引委員会は,検討結果を踏まえ,「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」に沿って,独占禁止法の適正な運用に努めていくこととした。
[2] 引き続き,新聞業界の問題点について検討を行うとともに,必要に応じ各種の対策を講ずる。 [2] 引き続き,新聞業界の問題点について検討を行うとともに,必要に応じ各種の対策を講ずる。 [2] 新聞業界の問題点について検討を行うとともに,新聞業界に対し,新聞販売の正常化(違反処理,職業拡張員対策の強化,等)について指導した。
 また,必要に応じて違反事件の調査を行った。