施  策  項  目 第24回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成3年12月以降4年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(2年12月4日以降現在まで)

9. 虚偽誇大な表示の取締り

(1) 不当景品類及び不当表示防法(表示関係)

ア. 不当表示の排除命令







[1] 引き続き,不当景品類及び不当表示防止法違反事件に対する厳正な対応に努める。






[1] 引き続き,不当景品類及び不当表示防止法違反事件に対する厳正な対応に努める。







[1] 不当景品類及び不当表示防止法違反行為に対する措置を行った。
(2年4月~3年7月末)

申告等受理件数
 944件
排除命令件数
9件
警告等件数
511件

 排除命令事件

・ 太陽が沈むのに「沈まない太陽」と表示するなど旅行業者による海外パックツアーについて不当な内容表示(6件)
  なお,1社については,8月10出審判開始決定を行った。

・ 不動産業者による土地付き住宅の土地の利用の制限等について不当な内容表示,賃貸住宅の取引条件等についての不当表示,おとり広告(3件)

 主要な警告

・ 大規模小売業者による家庭用電気製品についての不当な二重価格表示 

・ 大規模小売業者によるカラーテレビについてのおとり広告

・ 大島紬製織業者業者による大島紬の原産国についての不当表示

・ 農業共同組合による自動車ローンの実質年率についての不当表示

 主要な要望

・ 旅行業者が一般消費者に対し海外パッケージ旅行の内容について不当な表示を行うことのないよう指導することを業界団体に要望