施  策  項  目 第24回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成3年12月以降4年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(2年12月4日以降現在まで)
(2) 消費者包装の適正化 [1] 引き続き適正包装の推進を図る。 [1] 引き続き適正包装の推進を図る。 [1] 包装の適正化のあり方について検討を行い,[1]包装慣行の適正化[2]包装の減量化,[3]包装の環境適合化を目標とする報告書を取りまとめ(平成2年12月),これとともに,包装材メーカー,商品メーカー,流通業者,消費者の関係67団体に対し,包装適正化に向けた協力要請を実施(平成3年1月)
[2] 引き続き,食料品の包装容器の適正化を推進するため,(財)食品産業センターにおいて,加工食品包装適正化関係資料を作成し,関係団体に配布する。 [2] 食料品の包装容器の適正化を推進するため,(財)食品産業センターにおいて,加工食品包装適正化関係資料を作成し,関係団体に配布する。 [2] (財)食品産業センターにおいて,加工食品包装適正化関係資料(No.16)「わかりやすい食品包装」を作成,関係団体に配布した。
[3] 公正競争規約については,引き続き,必要に応じて過大包装に関する基準を設定するという方針の下に適切な指導を行う。 [3] 公正競争規約については,引き続き,必要に応じて過大包装に関する基準を設定するという方針の下に適切な指導を行う。 [3] 新たに認定した山口県,石川県,兵庫県における食肉の表示に関する公正競争規約において,過大包装に関する基準を設定した。