施  策  項  目 第24回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成3年12月以降4年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(2年12月4日以降現在まで)
(6) その他 [1][ア] 「社会体育指導者の知識・技能審査事業の認定に関する規定」に基づき,関係団体より申請のあったスポーツ指導者の知識・技能審査事業を適宜認定する。 [1][ア] 逐次申請のあった事業について,審査の上事業認定を行う。 [1][ア] 申請のあった事業について,審査の上事業認定を適宜行った。
[イ] 第17回健康運動指導士講習会
3年10月~12月
第18回
4年1月~3月

 厚生省主催「健康づくりのための運動指導者講習会」

(健康運動指導士) 3年11月
健康運動実践指導者) 4年8月
[イ] 第8回健康運動実践指導者講習会  3年3月 

 第12回健康運動指導士講習会
    2年10月~12月
第13回 3年1月~2月

 厚生省主催「健康づくりのための運動指導者講習会」
(健康運動指導士)
2年11月
(健康運動実践指導者)
3年1月
 
 運動型
2年9月 10施設
 
 温泉利用型
2年9月  1施設
[イ] 第9回健康運動実践指導者講習会
3年1月
第10回
 〃 
3年7月
第11回
 〃 
3年8月
第12回
 〃 
3年9月

 第14回健康運動指導士講習会
    3年1月~3月
第15回 3年4月~6月
第16回 3年7月~9月

 厚生省主催「健康づくりのための運動指導者講習会」

(健康運動指導士)
2年11月~12月
(健康運動実践指導者)
3年1月,8月
 
 運動型健康増進施設
3年9月 92施設
 
 温泉利用型健康増進施設
  3年9月 11施設
[2][ア] 近年の海洋性レクリエーション活動の活発化に伴い,質の高いマリーナの整備に対する要請が高まっている。これらの要請に対処するため,「優良マリーナ認定制度」を発足し,既存及び今後整備されるマリーナのうち,安全性及び利便性の高いものを優良マリーナとして認定することにより,マリーナ利用者に対する安全性の確保及び利便性の増進を図る。    
[イ] (平成3年3月創設)
トランクルームサービスの質の向上を図り,一般消費者の利便の増進を図るため「トランクルーム認定制度」を創設し,サービスの向上及び性能の明確化を図る。
   
[ウ] 平成4年6月,第4回温泉利用指導者講習会を実施する。その後も,引き続き講習会を実施する。

[ウ] 平成3年6月,第3回温泉利用指導者講習会を実施する。その後も,引き続き講習会を実施する。

[ウ] 温泉利用指導者講習会  平成3年6月