施  策  項  目 第24回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成3年12月以降4年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(2年12月4日以降現在まで)
4. 自動車 [1] 引き続き,自動車事故の調査解析を行う等道路運送車両の保安基準(省令)の改正等のための作業を進める。
  また,運輸技術審議会自動車部会において,自動車の安全基準の拡充強化方針を中心とした自動車の安全確保のための技術的方策について平成3年度末の答申を目途に審議を進める。
[1] 引き続き,自動車事故の調査解析を行う等道路運送車両の保安基準(省令)の改正等のための作業を進める。 [1] 自動車の構造・装置と乗員の傷害との関係を中心とした詳細な分析を実施し,その結果報告を行った。
  運輸技術審議会自動車部会において,自動車の安全基準の拡充強化方針を中心とした自動車の安全確保のための技術的方策について審議を進めた。
  大型貨物自動車への追突事故防止等の対策を推進するため,夜間時の被視認性の向上を目的とする大型の後部反射器の装備及び追突車の被害軽減を目的とする後部突入防止装置の改善を義務付けることとし,保安基準の改正のためのガット通報を行った。
  [2] 引き続き,オートマチック車の急発進,急加速問題について,その車両構造,装置面での原因究明を行うとともに必要な安全対策の推進を図る。 [2] オートマチック車の急発進,急加速問題についてのこれまでの原因究明結果を踏まえ,自動車製作者を指導して誤操作防止のための装置の新車への装着を促進した。
[3] 欠陥車両の早期発見に資するよう欠陥車情報システムを構築し,試行的に運用する。