II. 計量・規格・表示の適正化

施  策  項  目 第22回消費者保護会議決定の内容 参            考
当面(平成元年11月以降2年度中)
講ずることとしたい措置
前回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(63年11月20日以降現在まで) 
9. 虚偽誇大な表示の取締り

(1) 不当景品類及び不当表示防止法(表示関係)

 ア. 不当表示の排除命令






[1] 引き続き,不当景品類及び不当表示防止法違反事件に対する厳正な対応に努める。






[1] 引き続き,不当景品類及び不当表示防止法違反事件に対する厳正な対応に努める。






[1] 不当景品類及び不当表示防止法違反行為に対する措置を行った。
(63年11月~元年6月末)
申告等受理件数 533件
排除命令件数 5件
警告件数 270件
 排除命令事件
  ・ 不動産業者による土地付中古住宅等の内容(再建築の不可等)についての不当表示(3件)
・ 大規模小売業者による楽器の二重価格表示及び中古品であることの不表示に関する不当表示
・ 衣料品の販売業者による原産国についての不当表示
 主要な警告,事件等
  ・ 通信販売業者による衣料品の膚身効果についての不当表示
 主要な要望
  ・ 中古自動車の走行距離の表示の適正化について業界団体に要望
・ 農産物の「無農薬」「有機栽培」等の表示についてその適正化を業界団体に要望