施  策  項  目 第19回消費者保護会議決定
の内容
決定後現在までに講じた
措置(61年10月31日以降現在まで)
第20回消費者保護会議決定
の内容
当面(62年 月 日以降62年度中)
講ずる こととしたい措置
(6) 金等の現物まがい取引に係る消費者保護 [1] 金等の現物まがい取引に対しては,各種法令の厳格な運用及び情報提供に努めるほか,「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」の施行及び実効ある運用により,預託等取引契約に係る預託者の利益の保護を図る。

[1][i] 「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」の規定の適用を受ける施設利用権として,語学を習得させるための施設を利用する権利を追加指定する(62年8月)など,同法の実効ある運用に努めた。

[ii] 同法の概要や取締りの留意事項等を全国警察に通達し,消費者に多大な被害を及ぼす危険性の高い違反形態に重点を志向して取締りを実施した。

[iii] 検察当局は,警察当局と緊密な連携を保ちつつ,金等の現物まがい取引に係るいわゆる豊田商事事件につき,同社の役員等5名を詐欺罪により起訴した。

[iv] 本件類似の悪質取引未然防止のため,政府広報,テレビ等の広報媒体の利用や,一般家庭に対するリーフレットの配布等により,消費者の啓発活動を積極的に推進した。

[1] 金等の現物まがい取引に対し,引き続き,各種法令の厳格な運用及び情報提供に努めるほか,「特定商品等の預託等取引契約に関する法律」の施行及び実効ある運用により,預託等取引契約に係る預託者の利益の保護を図る。