施  策  項  目 第18回消費者保護会議決定
の内容
決定後現在までに講じた
措置(60年11月1日以降現在まで)
第19回消費者保護会議決定
の内容
当面(61年11月以降62年度中)
講ずることとしたい措置

(2) 表示の適正化

ア. 食品衛生法による表示の適正化

[1] 表示の基準の特例として認められている製造所固有の記号の改善について検討するほか,必要に応じ,食品衛生法による食品等の表示の適正化を推進する。 [1] 表示の基準の特例として認められている製造所固有の記号の改善について検討を行った。 [1] 引き続き,表示の基準の特例として認められている製造所固有の記号の改善について検討するほか,必要に応じ,食品衛生法による食品等表示の適正化を推進する。
[2] 食品に含まれる添加物の全面表示について総合的な検討を行う。 [2] 61年1月23日,食品添加物表示検討会はこれまでの検討内容について中間報告を行った。そこでは,公衆衛生の見地から,国民に対しわかり易い正確で有用な情報提供を行うことを目的として,例外的なものを除き原則として食品添加物固有の名称すなわち物質名で表示することか,また,表示の必要性の高いものについては,用途名の併記が適当とされている。 [2] 原則として食品に含まれる添加物は全面表示する方向で,62年度実施を目途に作業を進める。