II. 計量・規格・表示の適正化
第16回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(58年11月8日以降現在まで)
当面(59年11月以降60年度中)
講ずることとしたい措置
施策項目 事     項
(3) 建材品質認証制度 [1] 優れた新建材の普及を促進するため,新建材認証制度の運営を継続して行う。 [1] 引き続き,新建材認証制度の運営を行った。 [1] 引き続き,新建材認証制度の運営を行う。

[2] 優良断熱建材認定制度の拡充のため,認定基準の見直しを含め,本制度の改正を行う。
   また,住宅の断熱構造化の必要性等について,消費者に対する啓発を行う。

[2] 優良断熱建材認定制度の普及・拡充のため,以下の措置を講じた。

[ア] 認定基準の改正(59年4月)
   気候の差等地域による消費者の幅広いニーズに応えるため,それまでの一本立基準を地域の実態を加味して第一種と第二種とに区分した。

[イ] 啓発活動
  東京,大阪,広島,仙台,秋田,札幌,旭川の各都市において,消費者,施行店を対象に,断熱構造化のメリット,断熱建材の選び方,使い方等につき講習会を開催するとともに,啓発普及用のビデオ・スライドを製作した。

[2] 引き続き優良断熱建材認定制度の運営を行うとともに,住宅の断熱構造化の必要性等について,消費者に対する啓発を行う。