第15回消費者保護会議決定の内容
決定後現在までに講じた措置
(57年11月12日以降現在まで)
当面(58年11月以降59年度中)
講ずることとしたい措置
施策項目
事     項
2. 割賦販売等

[1] 割賦販売等の販売条件の表示の適正化等について業界の指導徹底に努める。

[1] 割賦販売等の販売条件の表示の適正化等について業界の指導徹底に努めた。 [1] 割賦販売等の販売条件の表示の適正化等について業界の指導徹底に努める。

[2][i] 消費者信用産業に関し,消費者保護の徹底,個人信用情報機関の整!備,企業の経営基盤の拡充強化等のための具体的施策について検討を行う。

[ii] 上記の措置方針の一環として,個人データの閲覧や訂正請求等に関する所要の規則について検討を行う。

[2] 消費者信用産業懇談会(産業政策局長の私的諮問機関)において,左記事項について検討を行い,消費者保護の徹底等を内容とする懇談会報告を得た。 [2] 消費者信用産業に関し,消費者保護の徹底,個人信用情報機関の整備,企業の経営基盤の拡充強化等のため,法制の整備を含む具体的施策について,産業構造審議会,割賦販売審議会の場で検討を行う。また,この結果を待って,消費者の利益保護の徹底を図るための立法措置の具体化が図られるよう早急に検討を行う。
[3][i] 冠婚葬祭互助会の提供する役務内容の明確化等について,(社)全日本冠婚葬祭互助協会内の互助会基本問題研究会において調査検討を進める。 [3][i] 割賦販売審議会において,役務内容の明確化等を含む契約約款の適正化についての答申を得た。 [3] 契約約款の適正化,外務員登録制度の広汎な実施について業界を指導していく。
[ii] (社)全日本冠婚葬祭互助協会の行う外務員登録制度の広汎な実施に向けて業界を指導していくこととする。 [ii] 左記事項について,より一層の拡充強化のための業界指導を行った。