第14回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(56年10月30日以降現在まで)
当面(57年11月以降58年度中)
講ずることとしたい措置
施策項目 事       項
(2) 再販売価格維持制度 [1] 再販制度の弊害規制に努める。 [1] 引き続き再販制度の弊害規制に努めた。
  再販契約を実施中の商品数は次のとおりである。

(56年12月末現在)

  化粧品
1,476商品
 
  医薬品
289商品
 
[1] 引き続き再販制度の弊害規制に努める。
[2] 美容部員制度及びコーナー制の改善に関して引き続き関係メーカーに対し所要の指導を行う。 [2] 美容部員制度及びコーナー制の改善に関して関係メーカーに対し所要の指導を行った。(57年1月)  
[3] 出版業界に対する指導を踏まえ,レコード業界における再販契約実施上の問題点について必要な指導を行う。 [3] 出版業界に対する指導も踏まえ,問題点の検討を行った。 [2] レコード業界における再販契約実施上の問題点について再販制度の弊害規制の見地から検討を行い必要な指導を行う。
[4] 書籍及び雑誌の取引について新再販契約移行後の実施状況の監視に努める。 [4] 引き続き,新再販契約移行後の実施状況の監視に努めた。 [3] 引き続き,書籍及び雑誌の取引について新再販契約移行後の実施状況の監視に努める。