第14回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(56年10月30日以降現在まで)
当面(57年11月以降58年度中)
講ずることとしたい措置
施策項目 事       項
ウ 不当な表示の指定等 [1] おとり広告について,景品表示法第4条第3号の指定を行う。
 信用誤認表示については引き続き規制の検討を行う。
[1] おとり広告について,指定案を作成し,公聴会を開催したあと,「おとり広告に関する表示」を指定した。

  告示日  
昭和57年 6月10日
施行日
昭和57年12月 1日

  信用誤認表示については,規制上の問題点を検討した。
[1] 信用誤認表示については,景品表示法第4条第3号の指定を行うことを含め,その規制について検討する。
[2] テレビコマーシャルについて景品表示法上問題となる事案があれば,調査の上適当な措置をとるとともに適正化のため必姿に応じ,表示に関する公正競争規約に取り入れていく。 [2] 食品のテレビコマーシャルについては規約の運用機関である公正取引協議会を中心に表示の適正化について指導した。 [2] テレビコマーシャルについて景品表示法上問題となる事案があれば,調査の上適当な措置をとるとともに,適正化のため必要に応じ,表示に関する公正競争規約に取り入れていく。