第14回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(56年10月30日以降現在まで)
当面(57年11月以降58年度中)
講ずることとしたい措置
施策項目 事       項
(3) 消費者包装の適正化 [1] 包装適正化委員会を開催し,業界自主基準の作成について指導等を行うとともに,包装の合理化適正包装の推進等を図る [1] 包装適正化委員会を開催するとともに同委員会にプラスチック包装小委員会を設け,プラスチック包装の適正化について検討を行った。 [1] 引き続き,包装適正化委員会の下に,プラスチック包装小委員会を開催し,プラスチック包装の合理化,適正包装の推進等を図る。
[2] JISの包装モジュール寸法について改正原案と,国際規格との整合性物流モジュール体系との関連性等を考慮し,規格改正の調査検討を進める。 [2] JISの包装モジュール寸法について,物流モジュール体系との関連性,国際規格との整合性等を考慮して,規格改正のための調査研究成果を得た。 [2] JISの包装モジュール寸法について,調査研究成果に基づき,日本工業標準調査会における審議のうえ,改正を行う。
[3] 加工食品等の包装容器の適正化を推進するための検討を行う。 [3] 食料品の包装容器の適正化を推進するため,加工食品の包装容器の基礎資料として食品包装適正化関係資料を(財)食品産業センターにおいて作成し関係団体に配布した。 [3] 引き続き,加工食品等の包装容器の適正化を推進するための検討を行う。
[4] 公正競争規約には原則として過大包装に関する基準を設定するという方針の下に必要な指導を行う。 [4] 引き続き,過大包装に関する基準のあり方について検討を行った。 [4] 引き続き,公正競争規約には,必要に応じて過大包装に関する基準を設定するという方針の下に適切な指導を行う。