第14回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置
(56年10月30日以降現在まで)
当面(57年11月以降58年度中)
講ずることとしたい措置
施策項目 事       項
(3) 器具・容器包装の規制 [1] 個別基準のない,合成樹脂製の器具・容器包装について規格基準を作成する。 [1] ポリメタクリル酸メチル,ナイロン,ポリメチルペンテン製の器具,容器包装及び金属缶について規格基準の作成を行った。(57年2月16日告示)
 また現在,ポリカーボネート,ポリビニルアルコール製の器具,容器包装についても規格基準の作成作業を進めている。
  更に,個別基準作成作業促進のために「規格作成ガイドライン」を作成した。
[1] 引き続き,個別基準のない,他の合成樹脂製の器具,容器包装について規格基準を作製する。
  また,個別の規格基準を一本化し,「合成樹脂製容器・包装等規格」としてまとめる作業を開始する。