第13回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置

(55年11月14日以降現在まで)
当面(56年10月以降57年度中)

講ずることとしたい措置
施策項目 事      項

(2) 家庭用品品質表示法による表示の適正化

ア 表示事項





[1] 表示の標準の制定、改正に必要な基準の確立を図るための、電気衣類乾燥機、住宅用、家具用洗浄剤等8品目の技術基準調査をとりまとめるとともに56年度には、引き続き電気機械器具、雑貨工業品10品目程度について技術基準調査を実施する。




[1] 電気衣類乾燥機、住宅用・家具用洗浄剤等8品目の技術基準調査の結果を取りまとめた。




[1] 表示の標準の制定及び改正に必要な基準の確立を図るため、昭和56年度に電気機械器具、合成樹脂加工品及び雑貨工業品のうち8品目について表示基準調査を実施する。更に近年の技術進歩に伴い新材料の開発等が行われ、消費者ニーズの多様化に伴って電気機械器具、雑貨工業品を中心に多数の新製品、複合製品が出回っているため、57年度には、現在の表示の標準の範ちゅうに入らないものの表示のあり方について見直しを進める。
  [2] 「合成洗剤、洗たく用又は台所用の石けん及び住宅用又は家具用の洗浄剤」並びに「塗料」の表示の標準の改正をすることにし、製品安全及び家庭用品品質表示審議会にこのことを諮問した。 [2] 製品安全及び家庭用品品質表示審議会の答申をまって、雑貨工業品品質表示規定の一部を改正し、「合成洗剤、洗たく用又は台所用の石けん及び住宅用又は家具用の洗浄剤」並びに「塗料」の表示につき改善を図る。
[3][i] 繊維製品の燃焼性能について54年度及び55年度調査を踏まえて引き続き、56年度においても調査を行う。 [3][i] 繊維製品の燃焼性能について、55年度の調査をまとめた。 [3][i] 繊維製品の燃焼性能について引き続き57年度においても調査を行う。
[ii] 耐光性能及び洗たく染色堅ろう性能を表す表示用語の検討を行い、両性能を表示事項とすることの打合せを行う。 [ii] 表示の用語について関係者と打合せを行った。 [ii] 引き続き打合せを行い、耐光性能及び洗たく染色堅ろう性能を表示事項とするに当たっての案を作成する。
[iii] 繊維製品について、ドライクリーニング染色堅ろう性能を表示事項とすることの打合せを行う。 [iii] 左記検討を行った。 [iii] ドライクリーニング染色堅ろう性能を表示事項とする際の試験方法及び基準値の案を作成する。
[iv] 摩擦染色堅ろう性能に関する表示用語の検討及び性能の程度の判定の統一のための打合せを行う。 [iv] 同上 [iv] 摩擦染色堅ろう性能を表示事項とする際の試験方法及び基準値の案を作成する。
[v] 既製衣料品について、サイズ表示を表示事項に追加することを検討する。 [v] 関係業界に対し、サイズ表示に関する表示の方針を調査中である。 [v] 引き続き既製衣料品のサイズ表示に関する実態調査を行う。