第13回消費者保護会議決定の内容 決定後現在までに講じた措置

(55年11月14日以降現在まで)
当面(56年10月以降57年度中)

講ずることとしたい措置
施策項目 事      項
(2) 食品規格基準の作成及び食品製造流通管理の徹底 [1] 引き続き、食糧事務所職員による冷凍食品小売店品買管理基準の遵守状況についての点検指導を行う。 [1] 食糧事務所職員による冷凍食品小売店品買管理基準の遵守状況についての点検指導を行った。 [1] 引き続き、食糧事務所職員による冷凍食品小売店品質管理基準の遵守状況についての点検指導を行う。
[2] 引き続き、(財)食品産業センターが行う食料品店等における商品管理推進事業に助成する。 [2] (財)食品産業センターに助成して食料品小売業者を対象とする食料品の適切な商品管理についてのパンフレットを作成し、流通業界団体、都道府県等を通じて配布した。 [2] 引き続き(財)食品産業センターが行う食料品店等における商品管理指導事業に助成する。
[3] 「食品製造流通基準」については55年度は、「水産練製品」を対象として基準作成を進めるほか、56年度についても主要加工食品の基準化を進めるとともに、引き続き、食糧事務所職員による同基準の遵守状況の点検指導を行う。
 また、「米麦加工食品の製造及び流通基準」については、「麦茶」についての手引書を作成する。
[3] 「水産練製品」について、製造流通基準作成の検討を行うとともに、食糧事務所職員による主要加工食品の製造流通基準の遵守状況の点検指導を行った。
 また、「米麦加工食品の製造及び流通基準」については、「麦茶」の手引書を作成し、関係者に配布した。
[3] 「水産練製品の製造流通基準について関係者への周知徹底を図るとともに、その普及・指導等を行う。
 引き続き主要加工食品の基準作成を進めるとともに、食糧事務所職員による食品製造流通基準の遵守状況についての点検指導を行う。
[4] 科学的データに基づき、つけものの製造、取扱いに関する管理運営要件について検討を行い、つけものの衛生取扱規範を設定する。
 また生菓子の製造取扱いに関する管理運営要件について検討を行う。
[4] 科学的データに基づき、つけものの製造、取扱いに関する衛生規範を設定した。 [4] 科学的データに基づき、生菓子の製造、取扱いに関する管理運営要件についての検討を行い、生菓子の衛生取扱い規範を設定する。