XI. その他の一般的施策
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)
4. 消費者問題統計の整備等 [1] 引き続き、消費者問題統計の開発整備に努める。 [1] 国民生活センターにおいて「第10回国民生活動向調査」を実施し結果をとりまとめた。また本調査では、国際児童年にちなみ「子どもの生活実態」について中間報告をとりまとめた。 [1]  引き続き、消費者問題統計の開発整備に努める。
[2] 引き続き、「食生活改善懇談会」を開催して食料消費の改善向上に資する。 [2] 最近の食生活をめぐる環境条件の変化を踏まえ、食料の有効利用等、家庭の主婦が直面している身近な問題について、食生活改善に関する有識者との懇談会を実施した。 [2]  引き続き、「食生活改善懇談会」を開催して食料消費の改善向上に資する。
[3] 引き続き、食糧の需要及び供給の構造的変化に即しつつ、わが国の風土、資源に適合した食生活のあり方の検討に資するため、食糧消費の実態と将来の動向をは握するための食糧の消費構造調査を実施する。 [3] 民間団体に委託して専門的学識を有する者からなる調査委員会を設け食料消費の意識、消費の実態等について食糧の消費構造調査を実施した。 [3] 引き続き、食糧の需要及び供給の構造的変化に即しつつ、わが国の風土、資源に適合した食生活のあり方の検討に資するため、食糧消費の実態と将来の動向をは握するための食糧の消費構造調査を実施する。