VI. 消費者意向の反映
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)

VI. 消費者意向の反映

1. 行政における参加と公開




[1] 引き続き、行政における消費者の参加と公開の原則の下に消費者意向をは握し、行政に反映するよう努める。




[1][i] 消費者と各種懇談会を開催し、消費者意向のは握、反映に努めた。

[ア] 通商産業省と消費者との懇談会を開催した。

[イ] 経済企画庁においては、毎月8消費者団体と定期的に懇談会を開催した。

[ウ] 農林水産省においては、食料品関係物価・消費者懇談会を本省及び地方農政局で開催した。

[ii] 55年4月の国鉄運賃の認可については、運輸審議会において国鉄運賃専門調査員6名を委嘱し、意見を聴取するとともに,東京において公聴会を開き、利用者25名の意見の後述を聴取した。
 また、千葉、武相ブロックのバス運賃改定について55年10月に公聴会を開いた。




[1] 引き続き、行政における消費者の参加と公開の原則の下に消費者意向をは握し、行政に反映するよう努める。