II. 計量・規格・表示の適正化
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)
(3) 消費者包装の適正化 [1] 包装適正化委員会を開催し、業界自主基準の作成について指導等を引き続き行うとともに、包装の合理化適性包装の推進等を図る。 [1] 包装適正化委員会の開催について検討を行った。 [1] 包装適正化委員会を開催し、業界自主基準の作成について指導等を引き続き行うとともに、包装の合理化適性包装の推進等を図る。
[2] 消費物資の包装の標準化のため、包装基本寸法であるJIS Z0105(包装モジュール寸法)については53年度の原案をもとに55年度に改正審議を進める。 [2] 国際規格との整合問題を含め、調査審議を行っている。 [2] 包装モジュール寸法について53年度の原案及び国際規格を考慮し、55年度中に改定する。
[3] 引き続き、加工食品の包装容器の適正化を推進するための検討を行う。

[3] 食料品の包装容器の適正化を推進するため、(財)食品産業センター等に協議会等を設置し、包装容器の適正化について検討を行うとともに、加工食品の包装容器の基礎資料を得るため、食品包装適正化関係資料を作成した。

[3] 引き続き、加工食品の包装容器の適正化を推進するための検討を行う。
[4] 引き続き、公正競争規約には原則として過大包装に関する基準を設定するという方針の下に必要な指導を行う。 [4] ビスケット・食品のり等について適正包装基準を設定するよう指導した。 [4] 引き続き、公正競争規約には原則として過大包装に関する基準を設定するという方針の下に必要な指導を行う。