II. 計量・規格・表示の適正化
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)
 ウ. その他

[1] 引き続き、配給米表示実施要領に基づき配給米の適正な表示について、米穀販売業者を指導する。

[1][ア] 「配給米表示実施要領」の一部改正を行った(55.3.25.食糧庁長官通達)

[1] 「配給米表示実施要領」に基づき新表示制度への円滑な移行と配給米の適正な表示について米穀流通適正化協議会、袋詰精米推進協議会等を通じ、米穀販売業者を指導する。

  [イ] 配給米表示実施要領に基づき、配給米の適正な表示について米穀販売業者を指導するとともに、
(1) 同要領の規定に基づく販売業者の表示届出状況
(2) 産地、品種及び産年のセット表示の届出をした販売業者数
(3) 販売業者別表示届出商品名
(4) 同要領に基づき指定された工場、標準価格米の指定工場及び徳用上米の承認工場の数
等について調査(54年11月1日現在)を行った。
[2] 都道府県知事が指定した標準食肉販売店において、食肉の適正な表示による販売等を行わせるとともに、消費者モニターによる販売状況の調査及び都道府県段階における消費者モニターと業界との定期的懇談会を実施する。 [2] 都道府県知事が指定した標準食肉販売店において、食肉の適正な表示による販売等を行わせるとともに、消費者モニターによる販売状況の調査及び食肉の試買調査ならびに都道府県段階における消費者モニターと業界との定期的懇談会を実施した。 [2] 食肉小売段階の改善を図り、消費者の合理的な食肉購買に資するため、都道府県知事が指定した標準食肉販売店において、適正表示販売を行わせるとともに、消費者モニターによる販売状況の調査及び食肉の試買調査ならびに都道府県段階における消費者モニターと業界との定期的な懇談会を実施する。
    [3] 食品加工技術の進歩に伴って、各種加工食品や調理済食品の消費が急増しているが、これらの食品には原材料の配合割合や栄養成分の組成が明らかになっていないものが多い。そこで今後の栄養指導ならびに成人病対策推進等に資するため、これら加工食品の塩分糖分を含めた栄養成分表示制度につき検討を進める。