II. 計量・規格・表示の適正化
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)
 イ. 農林物資規格表示制度による表示の適正化 [1] 野菜かん詰及び野菜びん詰、農産物つけ物、手延べそうめん類、豆乳等について品質表示基準の制定作業をすすめるとともに、しょうゆについて品質表示基準の改正作業をすすめる。 [1] 手延べそうめん類並びに野菜かん詰及び野菜びん詰について品質規準を制定するとともにしょうゆについて品質表示基準を改正した。また、果実飲料等について製造年月日の6桁表示を認めるため、品質表示基準を改正した。 [1] 品質表示基準未設定品目について品質表示基準の制定作業をすすめる。
[2] 引き続き、表示基準制度のための参考資料を得るため、消費者団体に委託して食料品の表示に関する調査を行う。 [2] 表示基準制度のための参考資料を得るため消費者団体(5団体)に委託してピザパイ等5品目を調査した。 [2]  引き続き、表示基準制度のための参考資料を得るため消費者団体に委託して食料品の表示に関する調査を行う。
[3] 引き続き、家庭内における保存方法、調理上の注意等についての表示を強化する。
 トマト加工品の品質表示基準において賞味期間及び保存方法の表示を義務付ける予定。
[3] トマト加工品の品質表示基準における賞味期間及び保存方法の表示の義務づけは54年10月11日付告示で実施済。 [3] 引き続き、家庭内における保存方法、調理上の注意等についての表示を強化する。
[4] 引き続き、監視指導体制の強化に努め、JASによる品質表示基準の普及推進を図る。
 また、引き続き、食糧事務所職員による品質表示基準の遵守状況についての点検指導を行う。
[4] 農林規格検査所における市販品の買上げ検査、店頭調査を行うとともに、地方農政局及び都道府県を通じて既制定の品質表示基準についての遵守状況の点検調査を行った。
 また、引き続き、食糧事務所職員による品質表示基準の遵守状況についての点検指導を行った。
[4] 引き続き、監視指導体制の強化に努め、JASによる品質表示基準の普及推進を図る。
 また、引き続き、食糧事務所職員による品質表示基準の遵守状況についての点検指導を行う。