I. 危害の防止
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)
(7) 飼料の安全性の確保

[1][i] 引き続き、飼料について安全性の評価及びこれに必要な試験項目等に関する評価基準の設定について検討する。
 また、「飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律」の周知を図る。

[1][i] 飼料についての安全性の評価及びこれに必要な試験項目等に関する評価基準の設定につき検討した。
 また、 「飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律」の周知を図った。

[1][i]  引き続き、飼料について安全性の評価及びこれに必要な試験項目等に関する評価基準の設定について検討する。
 また、「飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律」の周知を図る。

[ii] 都道府県の検査体制の整備強化を図るため補助事業を実施するほか、安全性に関する検査技術の向上を図るための研修会を開催する。 [ii] 都道府県の検査体制についてその整備強化を図るため補助事業を実施したほか、55年度からは、新たにその効率化を図るための補助事業を実施するとともに、安全性に関する検査技術の向上を図るための研修会を開催した。 [ii] 引き続き、都道府県の検査体制の整備強化を図るため補助事業を実施するほか、安全性に関する検査技術の向上を図るための研修会を開催する。

[2] 肥育豚飼育農家及びブロイラー飼養農家を対象に、食糧事務所職員による飼料添加物を含む飼料の使用状況、飼料使用基準の遵守状況等の調査点検を行う。

[2]  肥育豚飼育農家及びブロイラー飼養農家を対象に、食糧事務所職員による飼料添加物を含む飼料の使用状況、飼料使用基準の遵守状況等の調査点検を行った。 [2] 肥育豚飼育農家及びブロイラー飼養農家を対象に、食糧事務所職員による飼料添加物を含む飼料の使用状況、飼料使用基準の遵守状況等の調査点検を行う。

[3] 引き続き、飼料添加物等について安全性の検討を行う。

[3] 飼料添加物の成分規格等の設定について農業資材審議会で審議した。 [3] 引き続き、飼料添加物等について安全性の検討を行う。