I. 危害の防止
施策項目 第12回消費者保護会議決定の
内容
決定後現在までに講じた措置
(54年11月20日以降現在まで)
当面講ずることとしたい措置
(55年11月以降56年度中)
(2) 食品規格基準の作成及び食品製造流通管理の徹底

[1] 引き続きチルド食品の規格基準作成のための作業を進めるとともに、乳幼児用食品に関する規制について検討を行う。

[1] 引き続き乳幼児用食品に関する規制について検討を行っている。

[1] 引き続き続き乳幼児用食品に関する規制について検討を行う。

[2] 引き続き、食糧事務所職員による冷凍食品小売店品質管理基準の遵守状況についての点検指導を行う。 [2] 引き続き、食糧事務所職員による冷凍食品小売店品質管理基準の遵守状況についての点検指導を行った。 [2] 引き続き、食糧事務所職員による冷凍食品小売店品質管理基準の遵守状況についての点検指導を行う。
[3] 引き続き、(財)食品産業センターが行う食料品店等における品質管理推進事業に助成する。 [3] 食料品に関する消費者苦情の中には、小売段階における商品管理の不適切に起因するものが多いので、(財)食品産業センターにおいて、食料品小売業者を対象とする食料品の適切な商品管理についてのパンフレット「食料品店の商品管理シリーズ」を作成し、流通業界団体及び都道府県等を通じて配布した。 [3] 引き続き、(財)食品産業センターが行う食料品店等における品質管理推進事業に助成する。
[4] 54年度においても、食品製造流通基準の2業種作成を目標に、近く対象業種を選定し、基準作成を進めるほか、55年度においても引き続いて主要加工食品の基準化を進める。
 さらに、引き続き、食糧事務所職員による食品製造流通基準の遵守状況についての点検指導を行う。
 また「マカロニ」等について製造工程の管理、副資材、食品添加物等の使用取扱方法等の手引書を作成する。(米麦加工食品の製造及び流通基準)
[4] 「ハンバーグ、ハンバーガーパティ類」及び「惣菜」の製造流通基準を55年3月に作成し、関係業界団体、都道府県等に通知した。また、その内容について地方農政局担当官に対し説明し、その周知徹底を図った。
 更に、引き続き、食糧事務所職員による食品製造流通基準の遵守状況についての点検指導を行った。
  「マカロニ」の手引書を作成した。
[4] 「食品製造流通基準」については、55年度は「水産練製品」を対象として基準作成を進めるほか、56年度についても主要加工食品の基準化を進めるとともに引き続き食糧事務所職員による同基準の遵守状況の点検指導を行う。
 また、「米麦加工食品の製造及び流通基準」については、「麦茶」についての手引書を作成する。
[5] 「弁当及びそうざいの衛生規範」の周知徹底を図るとともに、所要の指導を行う。
 また、新たに、科学的データに基づき、つけものの製造、取扱に関する管理運営要件について検討を行い、つけものの衛生規範を設定する。
[5]  「弁当及びそうざいの衛生規範」の周知徹底を図るとともに、所要の指導を行っている。
 また科学的データに基づき、つけものの製造、取扱に関する管理運営要件について検討を行っている。
[5] 科学的データに基づき、つけものの製造、取扱に関する管理運営要件について検討を行い、つけものの衛生取扱規範を設定する。
 また生菓子の製造取扱に関する管理運営要件について検討を行う。