施策項目 第11回消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(54年11月以降55年度中)
講ずべき措置
当面(53年11月14日以降54年度中)講ず
べきとされた措置

(3) 国際食品規格計画等への協力

 

[1][i] 引き続き、国際食品規格に対応し、JAS規格及び輸出検査基準の整備見直しを行う。

[1][i] JAS規格及び輸出検査基準の整備見直しを行った。

[1][i] 引き続き、国際食品規格に対応し、JAS規格及び輸出検査基準の整備見直しを行う。

[ii] 引き続き、各省庁連絡会において受諾できる品目の選定及び受諾条件の設定の検討を進めると共に、国際食品企画委員会総会及び各種部会に出席して、国際食品規格計画へのわが国の意見の反映に努める。 [ii] 左記の検討を進めた。 [ii] 引き続き、各省庁連絡会において受諾できる品目の選定及び受諾条件の設定の検討を進めると共に、国際食品企画委員会総会及び各種部会に出席して、国際食品規格計画へのわが国の意見の反映に努める。

[2] 引き続き、ISOの農林規格関係(主として林産物)を調査検討する。

 

[2] ISOにより提示されているISO規格、ISO規格案のうち、製材等に関する31規格(案を含む。)について委員会を設け、調査検討を行った。 [2] 引き続き、合板及びフローリング等に関するISO規格(案を含む。)及び諸外国の林産物規格等について委員会を設け、調査検討を行う。