施策項目 第10回消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(53年11月以降54年度中)
講ずべき措置
当面(52年10月28日以降53年度中)講ず
べきとされた措置

VIII 苦情処理,消費者救済

1. 苦情処理

(1) 国

[1] 引き続き,私書箱1号,消費者相談室消費生活改善監視員制度を通ずる苦情処理体制の強化を図るとともに苦情テストを積極的に実施しテスト結果を行政に反映するよう努める。 [1] 私書箱1号,消費者相談室,消費生活改善監視員等を通じ,消費者の潜在的苦情を吸い上げるとともに,幅広く苦情相談を受け付け,その迅速かつ的確な処理に努めた。
 また,苦情処理テストを実施して苦情処理の一層の適切な運営を図った。
[1] 引き続き,私書箱1号,消費者相談室,消費生活改善監視員制度等,苦情処理体制の強化を図るとともに苦情テストを積極的に実施しテスト結果を行政に反映するよう努める。
[2] 引き続き,食料品等農林水産物資に係る苦情処理体制の強化を図る。 [2] 農林水産省,地方農政局及び農林規格検査所の各期間における連携を一層緊密化するとともに,地方公共団体に対する的確な指導を行うことにより,食料品等,農林水産物資に係る消費者苦情処理の一層の迅速化及び適正化を図った。 [2] 引き続き,食料品等農林水産物資に係る苦情処理体制の強化を図る。
[3] 自動販売機の中身商品の所管である関係各省と連絡をとりつつ統一ステッカー貼付の徹底を図るよう業界の指導を行う。
 また,所要の対策を検討する。

[3][i] 自動販売機の設置保安管理の強化を図るため,昭和53年4月に新たに自動販売機安全推進月間を設け,その一環として東京,大阪において,設置業者に対して,設置並びに統一ステッカー貼付の完全実施を図るよう講習会を実施した。

[3] 「自動販売機の設置及び管理に関する調査」(行政管理庁)結果に基づき,次の施策を講じる。
  [i] 学食経験者等専門家を含めた委員会を設置し,現在,自動販売機を設置する際の指針として作成されている「自動販売機の設置要網」の見直しを図る。
[ii] 厚生省,通産省の指導により,自動販売機管理運営ハンドブックを,日本自動販売機工業会に作成させ,広く地方自治体並びに関係機関に配布した。 [ii] 統一ステッカーについて「はがれやすい」「ステッカーの記入事項が消失することがある」などの欠点が指摘されていることに鑑み,関係省庁と協議の上,現行のステッカーの材質等の改善を図り,その導入を検討する。
[iii] 自動販売機による道路の不法占用については,道路を守る月間等を通じ,その是正に努めるよう各道路管理者を指導する。
[iv] たばこ及び酒類の自動販売機について,ステッカーの貼付,適正な設置及び管理に関して,点検指導を強化する。
  [4] 53年度から食品自動販売機を対象に,食糧事務所職員による統一ステッカーの貼付状況及び設置管理状況についての点検指導を行った。 [4] 引き続き,食品自動販売機を対象に,「自動販売機の設置及び管理に関す調査」(行政管理庁)結果を参考とし,食糧事務所職員による統一ステッカーの貼付状況及び自動販売機の設置管理状況についての点検指導を行う。