施策項目 第10回消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(53年11月以降54年度中)
講ずべき措置
当面(52年10月28日以降53年度中)講ず
べきとされた措置
イ. 一般情報システム [1][i] 引き続き,テレビ番組,ラジオ番組,出版物等による消費者のための情報提供に一層努める。 [1][i] テレビ番組「くらしとあなた」ラジオ番組「くらしの話題」を通年放送するとともに,映画フィルムの作成及び各種出版物を発行して,消費者のための情報の提供を行った。 [1][i] 引き続き,テレビ番組,ラジオ番組,映画フィルム,ビデオテープ,出版物等による消費者のための情報提供に一層努める。
[ii] 引き続き,県,市等との共催による出版業務において資源制約化の合理的消費生活のあり方に関する諸問題をとりあげる。 [ii] 県,市等19団体との共催による展示会及び各種出版物等により資源制約化の合理的な消費生活のあり方,安全の確保並びに消費者被害の防止等に関するテーマを種々の角度からとりあげた。 [ii] 引き続き,県,市等との共催による出版業務において,資源制約化の合理的消費生活のあり方に関する諸問題をとりあげる。
[2] 引き続き,比較情報の拡充実施を図り,下記の事業を行う。 [2] 左記につき,次のよう措置した。 [2] 引き続き,比較情報の拡充実施を図り,下記の事業を行う。
[イ] 引き続き,比較テストの拡大・充実を図り,結果を発表するとともに,テスト方法の開発,施設の充実を図る。 [イ] 52年度については,「電気餅つき既」など16品目の比較テストを実施し,その結果を逐次公表した。また,「即席めん類」の食塩,α化度の試験方法を新たに検討の上,各センターに普及した。 [イ] 引き続き,比較テストの拡大充実をはかり,結果を発表するとともに,テスト方法の開発,施設の充実を図る。また,地方消費生活センターとの共同比較テストを実施し,ネットワークの強化,情報提供の拡充を図る。
[ロ] 引き続き,商品エネルギー消費効率,安全性,対環境性,実用的効果に即したテスト項目の充実を図る。 [ロ] 「冷凍冷蔵庫」の消費電力,「ガスライター」の安全性,「FF式石油ストーブ」の排気中の煤煙,「万年筆」の実用性能のテストを行い,消費者の情報を提供した。 [ロ] 引き続き,省エネルギー,安全性,実用性等を考慮したテストを行い,消費者情報の充実を図る。
[ハ] 引き続き,商品テスト事例を「生活行政情報」に掲載するとともに,さらに充実した商品テスト事例集の作成を図る。
 国民生活センターの商品テスト機能を拡充するため用地の取得等を行う。
[ハ] 国民生活センターのほか,各地の消費生活センターで実施した商品テストの事例を「生活行政情報」に掲載したほか,新たに開発されたテスト方法を中心に「商品テスト事例集」を作成した。
 左記の用地として,神奈川県相模原市の国有地44,757,7㎡について,関東財務局と契約を締結した。(なお,土質調査,基本設計,実施設計を近く行うべく準備中である。)
[ハ] 引き続き,サービス,販売方法等について比較情報を作成する。
[ニ] 引き続き,サービス,販売方法等について比較情報を作成する。 [ニ] 消費生活関連比較情報「生命保険-民間生保,簡易保険,農業共済について-」を作成し,消費者の保険選択のための情報提供を行った。 [ニ] 引き続き,サービス,販売方法等について比較情報を作成する。
[3] 引き続き,テレフォンサービス,模写電送装置等による情報の迅速・正確な提供に努める。 [3] 物価情報をはじめ,消費生活に密着した有用な情報をテレフォン・サービスを通じて提供するとともに,緊急を用する情報については,横写電送装置により,各県の消費者行政担当部課および消費生活センターへ提供した。 [3] 引き続き,テレフォンサービス,模写電送装置等による情報の迅速・正確な提供に努める。