施策項目 第9回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(52年10月以降53年度中)
講ずべき措置
当面(51年11月26日以降52年度中)講ず
べきとされた措置

5. サービス

(1) ホテル・旅館



[1] ホテル、旅館における料金表示および、格付の検討をまって必要な措置を講ずる。 

 

[1] ホテル、旅館における宿泊料金の表示については、従来から関係業界団体を指導してきたが、これを受けて関係業界団体において、宿泊料金の基本である室料、食事料のほかにサービス料、暖房料等の各種料金を包含した表示方式について一応の試案を得たので、これを傘下会員に対し試行させるよう指導するとともに、宿泊人員に応じた料金、子供料金、オンオフシーズン料金等のあり方について引続き検討するよう指導した。
 ホテル旅館の格付については、直ちに実施することは困難であるが関係業界団体に対して需要の多様化に対応する宿泊施設のあり方を含め、格付実施に伴う問題点について引続き検討するよう指導した。

 

[1] 宿泊料金の表示について、これを消費者に、周知させる方法を検討すると同時に、その実現について関係業界団体に対して指導する。
 また、ホテル旅館の格付については、左記の検討をまって必要な措置を講ずる。