施策項目 第9回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(52年10月以降53年度中)
講ずべき措置
当面(51年11月26日以降52年度中)講ず
べきとされた措置

2. 医薬品等

[1] 鎮咳去痰薬の承認基準の作成作業が終了したのち、これに基づいて指導する。

[1] 昭和51年10月28日、中央薬事審議会より鎮咳去痰薬の承認基準が答申され、これを受け、同年11月25日付で薬務局長名で各都道府県知事あて通知した。その後、引き続き胃腸薬の承認基準において、効能の範囲を厳選するとともに、効能について消費者にわかりやすい表現をとるよう配慮しつつ作業を行っている。

[1] 胃腸薬の承認基準の作成のため、中央薬事審議会で審議を継続する。

[2] 効能、効果等に対する誇大広告の制限など適正な広告が行われるよう強力な監視指導を行う。
[2] 医薬品等適正広告基準により、効能、効果等に対する虚偽、誇大広告の監視取締を行うとともに、使用者に的確な情報を提供する広告を行うよう関係者の指導の徹底を図った。 [2] 引き続き、効能、効果等に関する虚偽、誇大な広告について監視取締を強化するとともに、関係者の指導の徹底を図る。