施策項目 第9回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(52年10月以降53年度中)
講ずべき措置
当面(51年11月26日以降52年度中)講ず
べきとされた措置

(9) 検査・監視体制

[1] 食品衛生監視員の増員及び監視指導体制の整備に努める。

[1] 食品衛生監視員の増員及び監視指導体制の整備に努めた。

[1] 引き続き食品衛生監視員の増員及び監視指導体制の整備に努める。

[2] 今後とも輸入食品の試験検査等に必要な機器の整備に努め、輸入食品の安全確保を推進する。 [2] 輸入食品の試験検査等に必要な機器の整備に努め、輸入食品の安全確保を推進した。 [2] 今後とも輸入食品の試験検査等に必要な機器の整備に努め、輸入食品の安全確保を推進する。
[3] 「地方衛生研究所強化検討会の検討結果を受けて地方衛生研究所の設置要綱を改正する。 [3] 地方衛生研究所の設置要綱の改正により、保健所と地方衛生研究所の業務分担の明確化及び連携の強化を行った。 [3] -----
[4]引き続き、食品の安全チェック体制の整備を行う。 [4] 登録格付機関に機器設備を助成し、食品の安全チェック体制の整備を充実強化した。 [4] 引き続き、食品の安全チェック体制の整備を行う。
[5] 引き続き指定検査機関の指定を行うとともにその指導育成に努める。 [5] 新たに、5検査機関(財)食品薬品安全センター(財)宮城県公衆衛生協会(財)日本プラスチック検査協会(財)愛知県学校給食会)を指定した。 [5] 引き続き指定検査機関の指定を行うとともにその指導育成に努める。
[6] (社)日本食品衛生協会に対して食品衛生指導員の研修及び巡回指導,活動事業に対する助成に努める。 [6] (社)日本食品衛生協会に対して食品衛生指導員の研修及び巡回指導員活動事業について助成を行った。 [6] 引き続き、左記の事業に対する助成を努める。
[7] 各種宿品製造業について製造工学的な面からの監視を実施する。 [7] びん詰製造業、かん詰製造業等について製造工学的な面からの監視を実施した。 [7] 今後とも、各種製造業について製造工学的な面からの監視を実施する。
[8] 引き続き、JAS制度の運用にあたの別に行う安全性の検査を実施し、JAS認定工場の審査、指導、監督を強化する。 [8] JAS制度の運用に当たり、特に安全性の懸念された植物油脂等については、JAS格付にあわせた措置(特定項目についてのチェックを行い、その結果問題があればJAS格付を行わない等の措置)を講じた。 [8] 引き続き、特に安全性の懸念される特定の食品について、JAS格付にあわせて一定のチェックを行い、問題のある場合はJAS格付を行わない措置を講ずる。また、JAS認定工場の社会的役割りの増大に鑑み、引き続き認定工場の指導監督を強化する。
    [9] 食品の品質管理の向上、需給・価格の安定と取引の合理化を図るため、食糧事務所職員の巡回点検指導による食品の流通段階における品質管理と表示の徹底、価格高騰時のパトロール等を総合的に推進する。