施策項目 第9回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(52年10月以降53年度中)
講ずべき措置
当面(51年11月26日以降52年度中)講ず
べきとされた措置

(2) 食品規格基準の作成及び食品流通管理の徹底

[1] チルド食品及び低酸性缶詰食品の規格基準作成のための作業を進める。

[1] 低酸性缶詰食品等、容器包装詰加圧加熱殺菌食品及び即席めん類について、52年2月18日規格基準を設定し、8月1日から施行した。
 また引き続き、チルド食品の規格基準のための作業を進めている。

[1] 引き続き,チルド食品の規格基準作成のための作業を進めるとともに、乳幼児用食品及び油脂を多く含む菓子に関する規制について検討する。

[2] 引き続き(財)食品産業センターが行う食料品店等における品質管理推進事業に助成する。
[2] 食料品に関する消費者苦情のなかには、小売段階における商品管理の不適切に起因するものが多いので、食料品小売業者を対象とする食料品の適切な商品管理についてのパンフレット「食料品店の商品管理シリーズ」を作成し、流通業界団体ならびに都道府県等を通じて配布したほか、食料品流通、販売関係団体ならびに小売店経営指導担当官等との商品管理に関する懇談会または講習会を開催した。

[2] 引き続き、(財)食品産業センターが行う食料品店等における品質管理推進事業に助成する。
[3] 食品製造流通基準検討会において「トマト加工品」等の製造流通基準の策定、公表及び地区説明会の開催等による周知、普及を図るとともに、既に公表ずみの各規準の普及遵守の状況を点検するためのより効果的な手法を計画し、あわせて引き続き主要な加工食品の製造流通基準を作成する。
[3] 51年度制定計画の「トマト加工品」の基準化作業については、52年6月末専門部会案が取りまとめられ、目下左記検討会再開の準備を進めつつある。
 また、52年度作成計画の業種のうち「ハンバーグ・ハンバーガー」については7月から、「惣菜」については9月からおのおのの専門部会を発足させ、鋭意原案の作成を急いでいる。
[3] 食品製造流通基準検討会において引き続き主要加工食品の基準化を進めるとともに、既に公表済みの各種基準の普及、遵守の実態についてこれを組織的に点検指導を行う体制を整備する。
 また缶,ビン詰め,レトルト食品の製造、管理及びその管理技術に関する種類別マニュアルを作成し、業界の自主管理システムを確立推進する。
[4] 「パン」等について、製造工程の管理、副資材、食品添加物等の使用、取扱方法等の手引書を作成する。 [4] 麦芽加工食品の安全性に対する消費者の関心に応え、「パン」について、その製造工程、原料、副資材、食品添加物、包装容器等の使用実態を調査の上、それに基づいて製造工程の管理、副資材、食品添加物等の使用、取扱方法等の手引書を作成し、 製造業者等の指導を行った。 [4] 「米菓」等について同様の手引書を作成する。
    [5] 科学的データに基づき、弁当類、そうざいの製造、取扱いに関する管理運営要件について検討を行い、食品衛生取扱規範を設定する。
    [6] 食品を販売する自動販売機に関する衛生面からの規制について検討を行う。