施策項目 第8回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(51年11月以降52年度中)
講ずべき措置
当面(50年11月7日以降51年度中)講ず
べきとされた措置
イ. 一般情報提供システム [1][i] テレビ番組を通年化するとともに、ラジオ番組、出版物等により、消費者のための情報提供に一層努める。 [1][i] テレビ番組「くらしとあなた」を充実して通年化し、さらにラジオ番組「くらしの話題」その他各種出版物の発行による消費者のための情報の提供を行った。 [1][i] テレビ番組、ラジオ番組、出版物等による消費者のための情報提供に一層努める。
[ii] 展示業務、出版業務等において、資源制約下の合理的消費生活のあり方の問題をとりあげて行く。 [ii] 県、市等と共催した展示会及び出版物において資源制約下の合理的な消費生活のあり方に関するテーマを種々の方法でとりあげた。 [ii] 県、市等20団体との共催による展示会及び出版業務において、資源制約下の合理的消費生活のあり方に関する諸問題をとりあげていく。
[2] 比較情報に関しては、次のとおり、その拡充実施を図る。 [2] 左記の拡充実施を次のように図った。 [2] 引き続き、左記の拡充実施を次のように図る。
[イ] 比較テストに関しては、試験対象商品の拡大を図り逐次発表する。 [イ] 50年度については乗用車など10品目について比較テストを実施し逐次発表した。 [イ] 引き続き51年度も比較テストの拡大、充実を図り、これを発表する。
[ロ] 商品のエネルギー消費効率、使用実態に即したテスト項目などの充実を行う。 [ロ] 石油ストーブ、乗用車の燃料消費量、ガス瞬間湯沸器の熱効率、浴槽の保温効果、電気冷蔵庫の電力消費量、乳幼児食品の栄養価などについて使用実態に即したテストを行い情報提供を行った。 [ロ] 商品のエネルギー消費効率、安全性及び実用的効果に即したテスト項目の充実を図る。
[ハ] 国民生活センターのほか、各地の消費生活センター等で扱った商品テスト事例を全国的に速報するとともにテスト方法に重点をおいた商品テスト事例集を作成する。 [ハ] 国民生活センターのほか各地の消費生活センター等で扱った商品事例について連絡のあったものについては生活行政情報に掲載するとともに新たなテスト方法に重点をおいた事例集を作成速報した。 [ハ] 引き続き商品テスト事例を速報として生活行政情報に掲載するとともに商品テストの質的向上を図るためテスト方法の開発を目的とした事例集の作成を行う。
[ニ] サービス、販売方法等について、比較情報を作成する。 [ニ] 「販売、契約、施工、アフターサービスよりみたプレハブ住宅比較情報」の発表、及び「家電製品のアフターサービスと保証についての比較情報」のとりまとめを行った。 [ニ] 引き続き、サービス、販売方法等ついて比較情報を作成する。
[3] 引き続き、テレホンサービス、模写伝送装置等による情報の迅速、正確な提供に努める。 [3] 物価情報や、消費生活上、有用な情報をテレフォンサービスを通じて提供するとともに、緊急情報については模写伝送装置により全国の消費生活センターへ提供した。 [3] 引き続き、テレホンサービス、模写伝送装置等による情報の迅速、正確な提供に努める、。