施策項目 第8回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(51年11月以降52年度中)
講ずべき措置
当面(50年11月7日以降51年度中)講ず
べきとされた措置
イ. 農林物資規格表示制度による表示の適正化 [1] 引き続き、乾燥スープ、風味調味料、ソーセージ、乾めん、かん詰、削りぶし及び冷凍食品等主要な加工食品について表示基準の設定作業を進める。
[1] 風味調味料、うにあえもの、トマトソース、チリソース、乾燥スープ及びドレッシングについて表示基準を設定し、告示を行った。

[1] 引き続き、レトルトパウチ食品、削りぶし、乾燥マッシュポテト、ソーセージ、冷凍食品、かん詰等について表示基準の設定作業を進める。
 また、即席めん類の日本農林規格及び品質表示基準を改正して賞味期間の表示を実施する。
[2] 引き続き表示基準設定のための参考資料を得るため、消費者団体に委託して食料品の表示に関する調査を行う。
[2] 50年度には、パック詰削りかつおぶし、即席複合調味料、緑茶、乾しわかめ及び乾しこんぶ、小麦粉の5品目の表示に関する調査を地婦連、主婦連、消科連、栄養改善普及会、関西主婦連の5消費団体に委託し実施した。51年度事業については現在実施中である。
[2] 引き続き表示基準設定のため、参考資料を得るため、消費者団体に委託して食料品の表示に関する調査を行う。
[3] 引き続き、家庭内における保存方法、調理上の注意等について表示を強化する。
[3] 風味調味料の品質表示基準において使用方法についての表示を、また乾燥スープの品質表示基準において調理方法についての表示を義務づけた。 [3] 引き続き、家庭内における保存方法、調理上の注意点についての表示を強化する。
[4] 引き続き、監視指導体制の強化に努め、JASによる品質表示基準の普及推進を図る。 [4][i] 農林規格検査所による市販品の買上げ検査、店頭検査を行った。

[ii] 地方農政局長及び都道府県を通じて既設定の品質表示基準についての遵守状況の調査点検を行った。
[4] 引き続き、監視指導体制の強化に努め、JASによる品質表示基準の普及推進を図る。