施策項目 第8回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(51年11月以降52年度中)
講ずべき措置
当面(50年11月7日以降51年度中)講ず
べきとされた措置
7. 危険表示 [1][i] 49年度の諸外国の危険表示制度の調査をもとに、消費者、専門家等の意見を聞きながら危険絵表示のデザイン作成を行う。

[ii] 51年度以降、民間検査機関に委託し、調査委員会を設置し、毒性、腐蝕性、爆発性、可燃性について危険品目をリストアップし、注意、警告、危険の3段階絵表示を付するための技術基準を確立し、この技術基準をもとに、表示事項確定のための資料の作成等を行うことを検討する。
[1] 危険表示制度について、諸外国の事例を参考としつつ、わが国における技術基準等の検討を進めた。 [1] 危険表示制度については、今後諸外国の動きを見ながら、わが国における技術基準の検討を進める。