施策項目 第8回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(51年11月以降52年度中)
講ずべき措置
当面(50年11月7日以降51年度中)講ず
べきとされた措置
(3) 器具、容器包装の規制 [1] ポリエチレン製、ポリスチレン製及びポリプロピレン製の容器包装についての規格基準を作成する。 [1] 規格基準の設定のための試験方法の検討を進めている。なお、塩化ビニル樹脂製容器包装については、50年12月に都道府県へ通知し、今後製造、販売、使用する食品容器等の材質中の塩化ビニルモノマー含有量を1ppm以下のものとするよう行政指導を行った。

[1] ポリエチレン製、ポリスチレン製及びポリプロピレン製容器包装についての規格基準を作成する。
 また、塩化ビニル樹脂製の容器包装について材質中の塩化ビニルモノマーの規格基準作成作業を行う。

[2] 合成樹脂製の器具又は容器包装から溶出するホルマリンの毒性及びその検査方法に関する研究の成果に基づく、ホルマリンの基準についての再検討結果に基づき規格基準を改正する。 [2] 規格基準改正のための作業を進めている。 [2] 引き続き規格基準改正のための作業を進める。