施策項目 第7回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(50年11月以降51年度中)
講ずべき措置
当面(49年10月8日以降50年度中)講ず
べきとされた措置
ウ. 不当な表示の指定 [1] 「天然」「自然」「純粋」等の表示に関する判断基準の作成作業を進め,景表法第4条第1号の不当表示に関する判断基準を示す。
[1] 「天然」「自然」の表示に関する規制基準の作成作業を進めている。
[1] 引き続き左の作業を進める。
[2] 「商品の原産国に関する不当表示」の告示及び運用基準の周知徹底等を行い,規制の実効確保を図る。
[2] 日本茶業中央会他4団体に対して,緑茶の原産国表示の適正化について要望した。 [2] 問題のある業種(つむぎ,日本茶等)について,「商品の原産国に関する不当表示」の告示及び運用基準の周知徹底等を行い,規制の実行確保を図る。
[3] その他一般消費者に誤認されるおそれのある表示(おとり表示,信用誤認表示,保証広告等)についても検討を行う。
[3][i] おとり表示については百貨店業の表示に関する公正競争規約において規定を設けるよう指導している。保証広告についても検討を行っている

[ii] かに肉が全く入っていなかったり,或いはわずかしか入っていないにもかかわらず,「かに…」と表示された細切りカマボコが出回っていることに鑑み,このようなカマボコについての不当表示の基準を作成し,業界に表示の改善を要望した。
[3] 左記について引き続き検討を行う。