施策項目 第7回 消費者保護会議決定 決定後現在までに講じた措置 当面(50年11月以降51年度中)
講ずべき措置
当面(49年10月8日以降50年度中)講ず
べきとされた措置
(6) 雑貨品消費者サービス制度 [1] 多様化している雑貨製品の品質,アフターサービスに対する消費者の要求は高まっているので(財)日本雑貨振興センターに助成し,委員会を設けて,品質基準を作成して品質保証とアフターサービスの確保を図る。50年度は石油こんろ,石油ふろがま,まほうびん等について

(イ) 消費者サービス対策実態調査

(ロ) 品質基準作成委員会の設置と基準の作成

(ハ) 技術サービス講習会の開催

等を行う。
[1] 50年度予算において措置した。

[1] 多様化している雑貨製品の品質,アフターサービスに対する要求は高まっているので,(財)日本雑貨センターに助成し,品質保証とアフターサービスの確保を図るため,委員会を設けて,品質基準を作成する。
 50年度はまほうびん,プラスチックの7日用品等のうちから選定して,

(イ) 品質基準作成委員会の設置と基準の作成

(ロ) 技術サービス講習会の開催等を行う。